注文住宅なら大阪のアンハウス お問い合わせ 資料請求>

  トップページ インフォメーション 自然素材健康住宅「風の家」 新素材デザイン住宅「光の家」 アンハウスの家ってどんな家? 注文住宅新築施工事例集 家造りお役立ち情報 アンハウスってどんな会社?  


大阪で新築注文住宅をお考えの方へ木造注文住宅「風の家」「光の家」現場見学会

自然素材健康住宅「風の家」モダンEX
八尾市八尾木・Y様邸

平成21年4月29日(水)地鎮祭

地鎮祭 地鎮祭
 今日は、地鎮祭でした。昨日まで、更地であった場所に建築工事が始まります。鎮まっていらっしゃる土地の神様などには、お騒がせ致しますが、安全に完成することはもちろん、完成後お客様が益々繁栄し幸せになっていただきますように。

平成21年4月23日(木)地盤調査

地盤調査
 地盤保証連合会による、地盤調査を行いました。


平成21年5月15日(金)地盤改良工事

地盤改良工事 地盤改良工事
 地盤改良工事を行ないました。


平成21年5月22日(金)墨出し

墨出し 墨出し
 墨出しが終わりました。


平成21年5月25日(月)耐震等級3・耐風等級2の基礎配筋現場

地盤改良工事 地盤改良工事
地盤改良工事 地盤改良工事
 アンハウスでは、全棟構造計算により鉄筋量も算出します。耐震等級3を支える基礎の鉄筋を施工しました。構造計算によって、D13oとD16oを適所に入れていきます。
 主筋にD16が上下各3本づつ入っている基礎立ち上がり(写真左上)と鉄筋D13が150mmピッチに入っている耐圧盤(写真右上)です。
 開口部に補強筋を入れています。(写真左下)


平成21年5月26日(火)耐圧盤コンクリート

耐圧盤コンクリート 耐圧盤コンクリート
 耐圧盤コンクリート打設しました。明日は立ち上がり部分を施工して基礎の完成です。
 バイブレーターを使いながらコンクリートを流します。(写真左)


平成21年5月27日(水)基礎立ち上がり

基礎立ち上がり 基礎立ち上がり
 立上がり部分にコンクリートを打設しました。
 アンハウスの立ち上がり基礎は、一般の厚み120mmのコンクリート打ちより頑強な150mmです。


平成21年6月10日(水)土台

土台 仕口&継手
アンカーボルトを通すための穴 アンカーボルトを通すための穴
 土台工事が始まりました。
 工場でプレカットされた仕口(腰掛け蟻継ぎ)と継手(腰掛け鎌継ぎ)です。(写真右上)
 アンカーボルトを通すための穴を開けています。(写真左下)
 土台の上に合板が来る部分は、土台の中に止め具を隠すため、穴を広げています。規定により深さ45mm以内の穴を空けています。


アンカーボルトを通すための穴 アンカーボルトを通すための穴
気密パッキンロング 気密パッキンロング
 土台の上に合板がくる部分(写真左上)と、土台の上に壁が来る部分(写真右上)の穴です。土台の上が壁になる場合は、アンカーボルトが突き出ていても、壁の中に隠れて見えないので、土台を削らず、穴だけ空けた状態にしています。
 お風呂の周りに気密パッキンロングを敷いています。(写真下)
 コーナーの部分は、機密性を保つため、隙間にシールを貼っています。(写真右下)


気密パッキンロング 基礎パッキンロング
気密パッキンロング&基礎パッキンロング 土台
 浴室の周りをぐるっと囲むように、気密パッキンロングを敷いています(写真左上)
 基礎パッキンロングです。空気が入るよう、お風呂と玄関を除き全ての基礎と土台の間に敷きます。(写真右上)
 左が、浴室で、気密パッキンロングで、右が基礎パッキンロングです。(写真左下)
 気密パッキンロングの上に土台を置いています。(写真右下)


土台 土台
土台 仕口
 大工さんが、力を込めて土台を持ち上げ、ホールダウンやアンカーボルトの穴の位置と合わせながらゆっくり、気密パッキンロングの上に土台を置いています。(写真左上)
 土台は、基礎の上の墨出しのラインに合わせて置いていきます。(写真右上、写真左下)
 仕口(腰掛け蟻継ぎ)です。(写真右下)


継手(腰掛け鎌継ぎ) 継手(腰掛け鎌継ぎ)
仕口(腰掛け蟻継ぎ) 仕口(腰掛け蟻継ぎ)
 継手(腰掛け鎌継ぎ)です。(写真上)
 仕口(腰掛け蟻継ぎ)です。(写真左下)
 アンカーボルトに留め金を付けて、土台と基礎を緊結しています。


仕口(腰掛け蟻継ぎ) 仕口(腰掛け蟻継ぎ)
土台 留め金
 仕口(腰掛け蟻継ぎ)です。(写真上)
 ハンマー(かけや)で叩いて、土台を下に落としています。(写真左下)
 土台の上に合板が来るので、土台に穴を掘り中に留め金を入れています。


継手(腰掛け鎌継ぎ) 継手(腰掛け鎌継ぎ)
継手(腰掛け鎌継ぎ) 水糸
 継手(腰掛け鎌継ぎ)です。(写真上、写真左下)
 土台が水平に、なっているか確認の為、水糸を張っています。(写真右下)


大引き 大引き
 大引きを打ち込んでいます。



平成21年6月08日(月)足場

足場 足場
 先行足場を組み終わりました。これで、安全に躯体を組み上げる事ができます。



平成21年6月4日(木)外部配管工事

外部配管工事
 外部配管工事をしています。



ページのトップへ    次のページへ       




アンハウス株式会社
アンハウス株式会社のロゴマーク
〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉5-7-10
TEL:072-955-8883  FAX:072-955-8894
Mail to:info@anhouse.co.jp

Copyright(C) 2008Anhouse CO., LTD. All Rights Reserved